機械式駐車場の維持・管理のお悩み
まずはお気軽にご相談ください!
年中無休03-6775-9022故障事故に関する連絡は
操作部シールの番号へご連絡下さい

これでスッキリ! 金食い虫の機械式駐車装置 15年間ストレスフリー

  • 機械式駐車装置の維持管理やメンテナンスの議論は難しい
  • 何時間議論しても結論が出ずに問題を先送り
  • 劣化部品の交換時期や費用が分からない

機械式駐車装置の再生ソリューションを提供します

  1. M-CUBEとは

これでスッキリ! 金食い虫の機械式駐車装置 15年間ストレスフリー

  • 老朽化に伴う故障による緊急対応が増えてきた
  • 駐車区画の空きが増えて、使用料収入が減ってきた
  • 車のサイズ(車高や車幅)が合わず、使用料収入が減ってきた
  • 部品交換で延命処置か、装置の入替えか判断できない

機械式駐車装置の再生ソリューションを提供します

  1. M-CUBEとは

これでスッキリ! 金食い虫の機械式駐車装置 15年間ストレスフリー

  • 高額の部品交換が必要だが修理費用の捻出が厳しい
  • 機械式駐車装置の新規入替費用が賄えない
  • 住民同士の合意形成が難しい

機械式駐車装置の再生ソリューションを提供します

  1. M-CUBEとは
POINT
01
毎月の定額利用料の
安さ

共済/リース/フルメンテナンス方式の発想を融合させ、低コストを実現します。
POINT
02
メーカーに捉われない
柔軟性

駐車装置メーカー/保守点検会社を比較検討してコストメリットを最大限引き出します。
POINT
03
理事会
ストレスフリー

定期点検等で発見された不具合は理事会を経由せずスピード対応します。内容も金額も明朗会計で安心です。

機械式駐車装置
悩みや不安
引き受けます。

マンション管理組合のお役に立てる機械式駐車装置問題の解消ツール

一般社団法人パーキングパートナーズ共済は、機械式駐車装置にまつわるマンション管理組合の悩みや不安の解消ツールとしてM-CUBEを開発しました。

本サービスは「駐車場利用料収入の一部を毎月M-CUBE利用料(定額)に充てることで最大15年間、機械式駐車装置を安全に、快適に、費用の不安が無い状態で利用することができる」を実現します。

M-CUBEを利用することで、機械式駐車装置の悩みがスッキリ解消され、マンション管理組合を機械式駐車装置にまつわるストレスから解放します。

01.
部品交換の提案
理事会はどちらを選択するべき?
賛成VS反対

ケーススタディ

理事会で機械式駐車装置の保守会社から点検結果の報告とともに部品交換の見積書が提出されました。そろそろ部品の耐用年数経過時期だということもあり、総額180万円でした。明細は以下の通りです。
① 吊りチェーン交換(単価8万円×10組=80万円)
② 操作タッチパネル交換(1式=40万円)
③ リミットスイッチ交換(単価9千円×20個=18万円)
この他に、スプロケット交換…と続き、作業費、廃材処分費、諸経費等が加算されています。
さて、理事会では、未だ壊れていない部品交換の提案に賛成しますか?それとも反対しますか?

理事Aさん
理事Aさん
見積書の内容や用語が専門的で、理解できないわ…。そもそも壊れていないのに、今すぐ部品交換が必要なのかしら?
理事Bさん
理事Bさん
専門の保守会社からの提案だし、提案通りに交換した方が良いのではないかなぁ?
理事Cさん
理事Cさん
壊れる前に安全を見越してとのことだけど、本当にそうなのかな?それに見積りの内容も金額も、適正なのか分からないよ。

M-CUBEを活用すれば、手探りの議論に時間を費やすことなく適切な時期に無駄なく部品交換が可能です。

02.
また故障?
老朽化で緊急対応が頻発
理事会はどちらを選択するべき?
延命処置VS装置入替

ケーススタディ

理事会は、保守会社から出される部品交換の提案に対し、鵜呑みにせずに緊急性の高いものだけを選別し、それ以外の提案は先送りする方針で機械式駐車装置を長年延命使用してきました。
ところが、最近は経年劣化による故障が頻発し、緊急対応が増えてきたことを踏まえ、先送りにしてきた提案内容についても一斉交換を実施する見積をとってみました。結果、この先維持延命していくためには、驚くような高額の出費が必要だと分かりました。
併せて提出された機械式駐車装置の入替費用も相当かかることも分かり、提案書には入替えによる将来的なメリットが書かれています。
さて、理事会では、この先も高額な部品交換をしながらの装置の延命を選択しますか?それとも機械式駐車装置の入替えを選択しますか?

理事Aさん
理事Aさん
部品交換で延命措置をとるのも、機械式駐車装置を入替えするのも、どちらも驚くほど莫大な費用がかかるわ…。
理事Bさん
理事Bさん
いま財務状況が厳しいし、必要最低限の部品交換をしていく方法で良いのではないかなぁ?
理事Cさん
理事Cさん
でも経年劣化で安全性が心配だよね。思い切って入替えをすれば最新の機能が手に入るし、何といっても安全で快適。その方がメリットは大きいのではないかな。

M-CUBEを活用すれば、無理なく機械式駐車装置を入替えることが可能です。

03.
高額な駐車装置の入替費用財源
理事会はどちらを選択するべき?
修繕積立金VSそれ以外

ケーススタディ

理事会は、機械式駐車装置の入替えを前提に協議を進めており、数ヶ月後に総会を開催する予定です。何度も協議を重ねて仕様を決め、複数業者(メーカー)から機械式駐車装置に関する相見積の取得やヒアリングをしながら時間をかけて比較検討してきました。
最終決定工事金額は1,500万円となりました。機械式駐車装置入替えの数年後には、2回目の大規模修繕工事も控えています。将来の資金不足の不安もあって、機械式駐車装置の入替費用を修繕積立金から拠出するべきか否か、理事会では賛否両論の意見が飛び交っています。
さて、理事のあなたは修繕積立金から費用1,500万円を拠出することについて賛成しますか?それとも他の方法を模索しますか?

理事Aさん
理事Aさん
共用設備の入替えだから、費用は修繕積立金から拠出するのが適切かしら?
理事Bさん
理事Bさん
うーん…。それだと車を持たない組合員は、必然的に修繕積立金を使うことに反対するのではないかなぁ?
理事Cさん
理事Cさん
そうだよね、修繕積立金を使うとしたら、しっかりとした説明が必要だし、その準備にも想像を絶する時間と労力が必要だろうね。正直しんどい…。

M-CUBEを活用すれば、大切な修繕積立金を使わない方法で入替えることが可能です。

NEWS / 新着情報
2019.12.23
サイトをリリースしました
機械式駐車場の維持・管理でお悩みでしたら、
お気軽にご相談下さい!
お電話でのお問い合わせ
03-6775-9022
故障事故に関する連絡は操作部シールの番号へご連絡下さい